top of page
検索

触媒3─身実(みみ)の境

更新日:5月21日



会期:2024年5月22日(水) - 6月1日(土)

11:00-18:00 会期中無休


  このたびギャラリーアルトンでは、洋画の森吉健、中尾直貴、彫刻の三宅一樹の3人展「触媒 身実の境」を開催いたします。


 一つのモチーフが、化学反応を惹きおこす触媒のように作家の創造力を掻き立てる展覧会として企画いたしました。それぞれ個性的な制作を続ける3名が、普段描かないモチーフを模索してフォーカスしたのが人間の身体。そのなかでも実体が見えない言霊を聞いて身(体)の中で実(体)にする器官を意味する「身実(み・み)」が語源の耳が、テーマとして選定されました。


 洋画家と彫刻家による三人三様の表現で、これまで見たことのない作品がお楽しみいただけます。


 およそ5年の準備期間を経て実現する展覧会を、ぜひご高覧いただきますよう、お願い申し上げます。

出品作家

森吉健/中尾直貴/三宅一樹


作家 在廊予定

森吉先生 5/22 終日、5/23、24、25、26 14:00~、 5/27 17:00~、5/30 14:00~ 、6/1 16:00~

三宅先生 5/22終日、5/24 11:00~、5/25、26 13:00~、5/27 15:00〜、5/31 13:00〜、6/1 13:00〜

中尾先生 5/22終日、5/25、29、6/1 時間未定



画像クリックで拡大、詳細を表示します。



Comments


bottom of page